読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスタートンの思い込み

ミスタートンが、日々の何気ないことや疑問の思ったこと、そしてスポーツについてぼやきます

まだ道は続く

あまりに長く更新しなかったもので柔道関係のイベントについても何もかけてませんね。

全中予選の翌週。気の重たい再スタートの通常練習から始まり、立ち止まることなく出稽古3連休。

初日の土曜日は、全日本武道錬成が近づいてきた小学生が奈良のKJCへ。私は仕事で引率できませんでした。

翌日曜日は、橋本市のウエスタンJCの合同練習会へ。小学生と中学生は別会場でしたが、どちらも2部練しっかり練習しました。

海の日は、中学部を引き連れ久しぶりの関一への出稽古。その日は関大OBの下川君が来てくれていて、友輝・敏貴・蓮あたりをぼこぼこにしてくれました。

もっとも天才蓮君は、「弱点が分かった。二回も投げた」とほざいておりましたが。

25・26日の猛暑の日も修道館へ出稽古。私も重い身体を引きずり最終日の27日は見に行きました。

そして今日、再び関一へ出稽古。さすがの敏貴もまだ仲田君には歯が立たないようで回されておりました。今日は場所も狭く時間も短かったですが、もっとも暑い時間帯に練習したのでみんなの柔道着もびしょびしょでした。

ひとり、練習に参加せず社会見学で関大高槻キャンパスまで旅行に行った天才もいました。

最近は、剛、奨弥、悦王、裕都の頑張りが目につきます。剛は、ほんの2か月前と大違いです。スタミナも付いて乱取り回数も増えております。自ら強い相手もつかまえに行きます。

他の怪我1・2年生!もたもたするなよ。まずは、けがを直さないといけないですが。

小学生は、今日が全日本武道錬成の最終練習。私も小学生を見るのは久しぶりでした。今年のメンバーでは、一回戦突破が目標となるようなチームです。でも、ここに向けコツコツと積み上げてきたようです。それを自信にして頑張ってほしいです。

しかし、今日はハードだった。