ミスタートンの思い込み

ミスタートンが、日々の何気ないことや疑問の思ったこと、そしてスポーツについてぼやきます

食べましょ四国

遠征。本来の目的も忘れてしまいそうな魅力的な誘いが待っている。私も男ですから、ネオン輝く繁華街には惹かれます。大阪にはない食べ物当然それも制覇したい。

お金のこともあるので愛媛のお姉さんはあきらめ、せめて食べ物でも。

しかし、数年前にも同じ愛媛の松山に行きましたが、何もなかった記憶が。あったのは、タルトとポエムと団子。ポエムは実は好きですが、取ってつけたような団子は許せない。問題はタルト。あれのゆず風味があまり好きではなく〇六タルトはあまり好きでありませんでした。

でもあれはタルトではなくロールケーキでは?あれのせいでパティスリーで売られているパティシエが作ったタルトもどうしても敬遠してしまう。

念のためウィキで調べたが、〇六タルトのタルトは、ラテン語の焼き菓子を意味するトルテからきているようだ。本来のタルトは、タルト生地の上に・・・・以下割愛。

だから愛媛のおみやげは、私はポエムです。個人的にも好きです。

費用を安くあげるため田舎の格安ビジネスホテルに泊まったのはいいものの、食べ物屋が少ない。地元の気の利いた店を探していたが、幹線道路に近いため全国チェーンの店が割とあった。「ここらに入ろうか」と思かけた時に、「けん]という聞かない名前のステーキ屋さんがあったので、そこに飛び込みました。その店はちょっと行列ができていました。

ステーキとハンバーグの店でサラダバーがついている。よくある感じの店。

でも!

なかなか思い切りのよいボリュームのあるメニューがそろっている。旅先というのもありなかなかみんな思い切ったものを注文しました。

蓮は、ハンバーグ600g。私は、400gのステーキで他もみんな300gのステーキを食べました。竜也だけ最初150gのステーキを食べようとしていましたが(笑)

でも、なかなか400gは注文できませんよ。普通。もっともさらに上の800gもありましたが・・・。

これだけ注文したのは、サラダバーの料金が込みだから。サラダ・デザートはもちろんご飯・カレー・スープ・果ては綿菓子まで取り放題。さらに牛カツまである。ウズラの卵も。カレーも結構おいしい。

150gの男もしっかり綿菓子を食べ、みんな満足して帰りました。

調べたら全国チェーンの店らしい。大阪も和歌山もあるそうです。皆さんも一度どうぞ。

翌日の帰り道は、U先生肝いりの讃岐うどんを食べるぞツアーとなりました。行くあてもないのでネットで調べ帰り道のルートに近い所を探しました。適当なところが見つかりそこへゴー。

手打ちうどん渡辺。今度は、150gの男も空気を読み全員大盛り。蓮は、さらにかやくごはんとおでん2種。

私は、讃岐うどんの出汁が嫌いでざるうどんにしました。わかめ入り。他も全員ぶっかけなど冷たいうどんに。

さすがに讃岐うどん!腰があり、重くて詰まっており、食べごたえ十分。

でも、気になって仕方ないことが・・。店の名物だという大きなエビ天。それは温かい出汁で食べるものだという。

旅先の気楽さでさらに天ぷらうどんの中を注文。意地でも小にはできなかった。

で、ここの出汁はうまかった。あったかい出汁で食べるべきだった。とてもお腹一杯になりました。

今回は、食は満喫できました。