ミスタートンの思い込み

ミスタートンが、日々の何気ないことや疑問の思ったこと、そしてスポーツについてぼやきます

C級グルメ

最近自分でご飯を作ることが多くなり、困ったときには何でもカレーにしてしまいます。小松菜と薄揚げとかまぼこを出汁で煮たものにもカレールーを入れてカレーにしました。なんでもけっこう食べられるもんです。

今回も冷蔵庫の残り物一掃カレーを作りました。冷凍庫に有った鶏肉と豚肉をメインにウインナー、キャベツ、しめじ、エノキタケ、人参、玉ねぎを投入しました。個人的にはウインナーだけは入れたくなかったんですが仕方なく。豚カレーも・・・

肝心のカレールーが無いので買い物にでかける。私のカレーは作った日には食べられないので晩御飯は弁当にしようかなと思いましたが、久しぶりにある店に立ち寄ることにしました。

私が門真で働いていた時によくお世話になった店で「土佐勝」といいます。昔からの洋食屋さんです。ナポリタンも当然あります。この店ではイタリアンという名ですが。鉄板で出てきますよ!

これをすごく食べたいのですが、量が足りないので大盛りにします。ここの大盛りは多いのですが、大盛りにすると残念ながら皿で出てきてしまいます。だからめったに頼みません。

スパゲティを食べたいときはハンバーグ定食を頼みました。ご飯大盛りで。鉄板にハンバーグと付け合せのケチャップスパゲティとマカロニサラダが付いてきます。マカロニサラダは冷たいのですが、鉄板の上なのですぐに熱くなります。スパゲティは、ハンバーグを食べた後にハンバーグにかかっていたデミグラスソースをからめて食べます。これだけでご飯をかなり食べることができます(昔人間ですから炭水化物をおかずに炭水化物を食べられます)。野菜はかけらもないですね。

もう一つ好きなのがこれ↓

f:id:g4170avr:20170815231456j:plain

すみません。写真を撮る前かなり食べてしまいました。

チャーハンやチキンライスのようなご飯ものにとんかつやミンチカツなどの揚げ物が乗っています。キャベツとレタスも多めに添えられています。福伸漬けも多いです。

この前海老名で食べた不味いカレーの福神漬けはしょっぱかった。ここのは甘味もありますよ。

私が食べたのは高菜チャーハンとチキンカツのセット。チャーハンが最初から大盛りかな?と思うくらいあります。

この店は、席に座ると間髪入れずに店員が来ます。そしてメニューを見始めたの同時ぐらいに「お決まりですか?」と聞かれます。普通の人なら当然まだ決まっていません。するとすぐに「決まってからでーす」と言って立ち去っていきます。

こう言われないようにするにはかなり通わないと不可能です。今回の私は、「決まってからでーす」と言われませんでした。

つうですから。(笑)

またここは水を注ぎに来てくれるのもめっちゃ早いです。そして何度来てくれます。

店の雰囲気は女性は「ちょっと・・・・」と遠慮してしまいそうな店ですが、腹減らせた人たちのハートはしっかりつかんでいます。

こんな店、残ってほしいです。良心的な店はつぶれ搾取に走る店ほど長くある。松の木はだいぶ前に無くなり、うまい堂も怪しいようです。1中の横にあったうどん屋はうまかったなぁ。すぐになくなったけど。土佐勝さん、ちょっと値上げしてましたけど・・・・。そんなん許す許す!いつまでもあってほしい。

幸福町の土佐勝さん!応援してます。

 

海水浴

本日は、愛車のフィットを駆って和歌山までロングドライブ。京都では伸びなかった燃費もリッター当たり23km走っているということで上々でした。

ではなく!

和歌山県のなみはやビーチでMT恒例?夏のイベント前半お疲れ様大海水浴大会となりました。中学生は出稽古地獄の打ち上げです。

進路の関係で方向が変わっていくこの時期、卒業前のほぼ最後の共通イベントとなります。3年生が夏休み期間中に顔を揃えられるのは13日しかありませんでした。今回はお盆期間中ということで来れないところもあり、スーパーシェフ秀吉父さんが来れませんでした。

しかし、みなさん頑張ってくださいました。

U先生は、メインとなる大量の食材を買い出し。岡田先生は、今年は流しそうめんに挑戦!わざわざ竹を切ることから始めてくださいました。勾配があまりついていないので流れるかどうか心配されましたが、うまく流れて子供たちは大喜びしていました。他にもたこ焼き?(タコの代わりにすじ肉がはいっていました)やミニピザなどを用意してくれていました。

私は、手間をかけずちょっと奮発して黒いスイカ(でんすけスイカ)を購入しましたが、残念ながらそれほどおいしいという物ではありませんでした。

私はこの機会を逃すと泳ぐことは無いので、海で泳ぐことに執着。気持ち良いです。

f:id:g4170avr:20170813214844j:plain

背泳ぎ

f:id:g4170avr:20170813215015j:plain

死んだトドじゃないですよ。休憩中

水の中は重力を感じず気持ち良いですが、それでも体力の低下はひしひしと感じます。もう平泳ぎ以外は泳げません。その平泳ぎも20m泳げるかどうか。

でも今年も無事に泳ぐことができました。イベントも事故もなく無事終了。後半は少しゆっくりめで始めましょうか。

f:id:g4170avr:20170813220018j:plain

f:id:g4170avr:20170813220050j:plain

 お手伝いいただいたみなさん、ありがとうございました。

参加した皆さん、お疲れ様でした。

前半終了

さて、今日は京都で近畿大会がありました。今年は全国出場は果たせなかったので、これが今年のMT中学柔道の総決算となります。出場は、陽夏だけ。

初戦は、奈良の選手と対戦。素早く良い組手になり放った技はけっこう効いている。再度組み直し再び放った内股で相手は揺らぐ。その後もしっかりコントロールできて技有りを取りそのまま抑え込み一本。見事な勝利

次の2回戦は、兵庫の一位の選手と。これに勝てば3位入賞。学校にも「近畿大会3位入賞」と垂れ幕が下がる。

相手の打ち込みを見ていたら、右組で内股、袖釣り、一本背負いをしていました。袖釣り、一本背負いはともに左の技だったので警戒していたのですが・・・。組んだ瞬間に逆一本背負いで投げられてしまいました。大阪大会の決勝同様、あっさりと負けて相手が強いのか弱いのかもわからない。

結局、この子が優勝したのですが、さてさて陽夏が強いのか弱いのかよく分からないです。組んで技に入る力は強いですが、経験不足からもろさも見られ負けるときは実にあっけない。陽夏の強さを練習から判断すると「あまり強くないな」と・・・。

1年生ながら大阪2位で近畿大会も初戦を突破した。でも恵まれた部分が大きいと思います。まだ、苦しい試合を制してはいない。強敵相手に奮闘はしていない。練習は手を抜かないけど案外淡白だし、「しんどくてできません」なんてことも時々言うし、中学生活でいろいろなことを体験したい夢見る少女で柔道にかける熱血少女ではないようだ。

このままだと来年以降もこのままです。どの階級に行っても強い子はいる。それらを「全員なぎ倒してやらあ!」というぐらいの根性と「強くなるためならなんだってする!」ぐらいの貪欲さが欲しい。でも、あまりさせ過ぎると嫌になるかも・・・・

昨年末から動いてきた全中に向けた活動は終わり。来週は、海!また厳しいことはもう少し後にしましょう。

後半に向けてリフレッシュしましょう。

 

燃費 ⑦

今回は、

実走行  712.3km

給油量  37リットル

モニター燃費 20.1km/ℓ

実燃費  19.25km/ℓ

今回は悪いと思いましたがそれほど差がなかったんですね。T-revシステムの導入、エアコンの使用がありました。今回は5人乗りで京都へ往復90km走りましたが、高速を使用したにもかかわらず実に燃費が悪かった。5人総重量350kg程(まあ運転手が一番重いんですが)が乗ると一気に落ちますね。

でも今回は早く給油してください表示が出たのでセルフで給油していません。もしかしたらいつもより満タンに入っていない可能性があります。次回はさらに燃費が悪くなるかも 

東京遠征 2017

全国で豪雨災害が起きています今年の夏。今年の東京遠征も終始曇り空の下での行動となりました。

ちょっと小学生の方とは関わりも薄くなり私は気楽な立場。マイクロバスでの東京往復の恩恵で運転もしなくてよくなりました。行き帰りともとてもよく寝ることができました。運転していただきました岡田先生、石川先生、ありがとうございました。

コースは例年通りまずはココから

f:id:g4170avr:20170731164920j:plain

夢の国です。

今年は曇り空。でも雨は降りませんでした。おかげで例年より快適に楽しむことができました。

f:id:g4170avr:20170731165120j:plain

開園から15時過ぎまで精一杯楽しみました。スペースマウンテンに乗れなかったのが心残りです。一番最後に寄ろうとしてファストパスを取ったのですが、マシントラブルで搭乗不可に・・・

前日の21時45分に大阪を出発してから高速を走り、ディズニー満喫。大人も子供もクタクタです。

翌日は、本来の目的「武道柔道錬成大会」

大会の試合に先駆け行われた練習会で模範演技者としてOGの眞衣がいた。偉くなったもんだ。とてもうれしい。

f:id:g4170avr:20170731165912j:plain

眞衣を囲んでパチリ。

さて、肝心の試合は?

スポ少チーム

好花・龍・琉希・常太郎・虎丸

残念ながら一回戦負け。0‐4

MTチーム

陽達・友海・恭志郎・裕間・誠

一回戦 2-1

二回戦 2-1

三回戦 0-4

MTチームは大型揃いですが、総合力ではまだまだでした。もろい。負けた三回戦は少し粘りを見せてくれましたが・・・。

f:id:g4170avr:20170731170852j:plain

 

f:id:g4170avr:20170731170922j:plain

将来、再びここの畳の上に立てるものはどれだけいるでしょうか。

頑張ってください。

黄金の2

今夜から恒例の東京遠征に出発します。今年も暑いだろうなあ。それさえなければ、頑張れるんだけど。夢の国が辛い・・・

さて、愛車に取り付けたT-revシステムなるパーツのレビュー2回目です。

燃費は、こなれてきて取り付け前の同レベルにまで戻りました。何でもエンジンのコンピューターが学習するそうで??

エンジンのフィーリングはやっぱり イイ!

エコモードの低回転が不快感なく気持ちよく回ります。

マフラー交換はしたことないけどこっちの方がきっと違いを体感できると思います。

東京も愛車で行きたかったんだけど。

黄金の

先日書いた記事「外道」にて紹介した品物、お分かりと思いますが車です。

f:id:g4170avr:20170723211342j:plain

このようなエンジン内が↓のように

f:id:g4170avr:20170723211437j:plain

ちがいがわかりますか?

まずは

f:id:g4170avr:20170723211522j:plain

ラジエーターキャップ。ずいぶんとかわいくなりました。ってか、ちょっぴり痛いです。しっかりと密閉することによって圧が上がり水温が上がりにくくなる効果があるそうです。

次に   じゃーん

f:id:g4170avr:20170723211757j:plain

オイルフィラーキャップと今回の肝いりT‐REVシステムです。青いのがキャップで金色のパーツがT-revシステムです。

オイルフィラーキャップはアルミ製で純正のプラスチックのものに比べると衝撃に強いそうです(笑)

そして、T-revシステムとは!以下商品の紹介から

 

次世代エンジン内圧コントロールバルブが遂に誕生!!!
TERAMOTO RACINGとJ'SRACINGがコラボし共同開発にて誕生したT-REVシステム! ホンダ車専用の車種別セッティングを施したJ'SRACINGバージョンのT-REVをぜひ体感して下さい!!! 車種ごとのエンジン特性に合わせた独自の減圧セッティングで、中回転域から特に吹け上がりの違いを体感していただけます。
【T-REVシステムとは】 T-REVは自然減圧と呼ばれるブローバイガスの脈動を利用したシステムです。 このシステムは簡易的にエンジン内部を減圧し、クランクケース内を負圧にする事によって、ピストン・クランクシャフトの動きがスムーズになり、その減圧効果はほぼ100%の確率で驚くほどの体感を可能にします。 ・エンジン内部の圧力による抵抗を大幅に低減 ・アクセルレスポンスの向上 ・加速時のエンジンフィーリングの向上 ・アクセルの踏み込み量が減ることによるCO2削減 トップパフォーマンスを発揮する最新レーシングマシンでもこの原理を採用しており、エンジンレスポンスをよりスムーズにする事によって各操作の雑な部分を大幅に緩和します。 ストリートからサーキットまで自然なマシン特性に仕上がるSPLパーツです。
【取付構成】 純正PCVバルブによってクランクケース内のブローバイガスを吸い上げ、ブリーザーホース部分にT-REVシステムを装着するだけのエアインダクションを利用したシステムです。 排気ポートから発生させた負圧を利用し、クランクケース内圧を引き抜くシステムになっております。 このシステムではホースの太さやジョイントのサイズ、そしてエンジン特性に合わせた減圧値に設定し車種別にTESTを繰り返しておりますので安心してご使用いただけます。
【基本減圧原理】 現在、市販されている自動車の内燃エンジンは「レシプロエンジン」が主流です。 このレシプロエンジンとは、現在最も基本的な内燃エンジンのことで 1.吸気 2.圧縮 3.膨張(爆発) 4.排気 という工程をエンジン内のピストンが反復運動することにより、クランクシャフトを介して回転運動に変えています。 エンジン内ではこの作業を1分間に数千回転という目にも止まらない速さで行われているのです。 クランクケース減圧バルブ(T-REV)のポイントは、ピストンの下側のケース内にあります。 ピストンが膨張(爆発)により高圧で押し下げられた時に一部のガスが、ピストンリングを吹き抜けてクランクケース内に流れ込んでしまいます。こういったガスを「ブローバイガス」と言い、クランクケース内はこのブローバイガスにより圧力が高まり、このときにピストンが下がれば強い力の抵抗になります。 この「ポンピング・ロス」がエンジンブレーキの一つでもあるのですが、エンジンのピストン運動の抵抗にもなっているのです。 この過剰圧力となったブローバイガスは、ブリーザー(ブローバイガスを抜くための穴やパイプ・ホース)から排出されるのですが、ピストン上昇やアクセルオフで外気を吸い込んでしまうためにクランクケース内は加圧状態のままになっています。 そこでクランクケース減圧バルブ『T-REV』をブリーザー経路に装着することにより、ブローバイガスや外気の逆流を防ぎ、クランクケース内の圧力を適正化(負圧化)することによってエンジン本来の性能を発揮することが出来、少ない燃料で同等のパワーが出せます。
【T-REVの素晴らしさ】 『T-REV』は、従来からある減圧バルブとは違った特殊構造を施しております。 ブリーザーから排出されるブローバイガスを流体力学上の渦を利用して流速を上げ、スムーズに排出されるようにT-REV内部に『スパイラルライン』を施し、さらにリードバルブ面を3面にすることによって一面当たりの力を分散し、よりスムーズにブローバイガスを排出する構造になっております。 T-REVは特徴的な三角錐デザインのリードバルブを採用しているので、エアークリーナーBOXからの過剰外気でリードバルブの作動不良や、エマルジョン(オイル乳化)による作動不良や、内部構造の問題による取り付ける向き(上下左右)の制約がありません。 長期で愛用していただけるよう構成部品すべてをリペアパーツとしてご用意しております。 リードバルブのシム板は消耗品の為、定期的に交換することをおすすめします。 フルオーバーホールも承りますので弊社まで直接お問い合わせ下さいませ。 警告・注意事項 ※他車種、他形式への流用及び製品の分解禁止。エンジントラブルの原因になります。 特に調整ユニット部分(黒ボディ)は車種別に負圧調整を行なっております。分解をされますとセッティングが狂ってしまいますので絶対に分解しないようにして下さい。

とまあこんな感じです。よく分かりません。

昨日、和歌山のAGKさんに伺い、装着していただきました。暑い中の作業でしたが、Kさんの匠の技で作業時間は比較的短時間で終了しました。

ついでに、バックライト球の交換も行っていただきました。

さてさて

肝心の効果は!

簡単に言えば、「エンジンブレーキが効かなくなった」です。加速して慣性で走る距離が増えた感じです。ハイブリッドですので当然モーター走行に切り替わりやすくなります。またアクセルオフにした時にエンジンが回っていてもその時に燃費計の数値が良い気がします。

スポーツモードプラスマニュアルパドルシフトモードにして高回転までまわしてもあまり変化はないような気がしました。ちょっともたついている気さえしました。でもエンジン音はいい音が鳴っているような気がしました。

エコモードで低回転で走っているとエンジンが滑らかに動いているような気がしました。発進から加速のもたつきが減少した気がします。

エンジンブレーキの効きの悪さは特に目立つというほどではありませんが、慣性で走っている時が軽快です。

肝心の燃費。

・・・・・・・・

うーーん。悪くなっている。

今思いつく原因は

・エンジンがスムーズなため速度を出してしまっている。いつもと同じ感じでも5~10キロ速い。

・そのためモーター走行が減った。

・エンジンの反応が良くなりモーター走行中からすぐにエンジン走行に替わってしまう

そんな感じですかね。

高速道路で巡行中に少しアクセルをオフにして走っているとモーター走行に替わっていなくても燃費の表示が1リットル当たり60キロ以上走っているという表示になります。きっとうまく測定できていないのでしょうが、なんだかすごく期待してしまいます。

でも!

燃費は良くなっていない。まあ、エンジンをふかしてしまうんですが・・・。

もうちょっと走って見ないと。

仮に燃費が良くなってもこれは高価なパーツで(値段は言えません)、また定期的なメンテナンスと2年ぐらいでオーバーホールが必要とのこと。費用効果はめっちゃ悪いです。

はい。自己満足です。